氷食症だった私

氷食症だった私

氷食症だった私

 

みなさん、氷食症って知っていますか?
氷を食べたくなる、食べずにはいられなくなる事をこう呼ぶそうです。
私は高校生の時に、氷が食べたくて食べずにはいられなくなった事があります。
気がつくと製氷皿を覗いて一つ口に入れて、食べ終わるとまた冷凍庫を開けて
取りに行っていました。
この時は普通の事だと思って気にしていなかったんです。
だって氷だもん、悪い物じゃないし、お腹を壊しているわけでもないしって。
母に「氷食症って病気かもしれないよ?」って言われてもしばらくは止められずに
いました。
この病気は鉄欠乏性貧血の人がなりやすい事、自律神経の乱れから口の中の
温度が高くなる為、それを冷やすために氷を欲しがる事などが言われています。

 

鉄欠乏性貧血、、、、私は昔から貧血気味でした。高校の時も朝礼の時に倒れて
保健室へ運ばれた事もありました。
それに体を冷やすのはよくないって言うのは知っていたんですよね。
ダイエットや健康おたくだったのでそういう知識はありました。

 

それで、鉄分のサプリメントをとりながら、食べたい気持ちを抑えてどうにか氷を
食べなくても大丈夫になりましたが、、、、

 

それと関係しているかはわかりませんが、私は1人目の出産は早産だったんです。
早期破水、未熟児での出産になりました。
もしかしたら、若いときのこういう経験も影響しているんじゃないかなって感じていま
す。
たかが氷、出産との関係は全くないかもしれないけれど、病名が付いているわけ
だし、気をつけたいものですね。


ホーム RSS購読 サイトマップ