期待した福音とはうらはらに

期待した福音とはうらはらに

期待した福音とはうらはらに

 

相変わらず不正出血は続き、背中の痛みは治まらない
まま、咳喘息で苦しんでいる。

 

喘息治療を始めて、2週間経つが、まだまだ痰がらみ
の咳が度々起きる。
昨日、呼吸器科を再度訪れ、現在の状態を伝えた。
自覚症状として痰の種類が変わり、鼻水のような透明の
ドロっとしたものが気管からあふれ出ると、咳き込むよ
うになり、咳を吐き続けると、呼吸困難になると。
最初のうちは、治療を変えようかと考えていたようだが、
痰の微妙な変化から、薬が効いてきていると判断した医師
は、引き続きもう2週間、喘息治療を続けるように言った。
一度、気管支炎をこじらせると、1か月近く咳が続くらしい。
ネットでもそんなことが書いてあったように思う。

 

しかし、咳が出始めてからかれこれ一週間。
かなり腹筋を使っているように思うが、一向にたるんだお腹
に変化はない。
思わぬ福音を期待していたのだが・・。

 

反対に、この1か月で白髪がどっと増えてしまった。
不正出血と白髪がおまけについてきてしまったようだ。

 

早く健康な体に戻って、運動がしたい!
それと、穏やかな気持ちで子供に接したい!


ホーム RSS購読 サイトマップ