正しいマスクの使い方、していますか?

正しいマスクの使い方、していますか?

正しいマスクの使い方、していますか?

 

花粉症の予防や風邪の予防、中には既に発症しているからという理由で
マスクを利用している方が多いことでしょう。
でも、そのマスク・・・ちゃんと装着できてるんでしょうか?

 

実は、先日、とあるテレビ番組で街行く人に街頭インタビューをしていた
のを見たんです。
テーマは「マスクの効果」だったでしょうか・・・
マスクを利用している人たちが、どれくらい正しいマスクの使い方を
出来ているのか、をチェックする内容でした。

 

マスクの中に何やら機械を入れて、その人が呼吸して吸っている空気を
チェックします。
そこに外気からの異物(花粉やほこり)がどれくらい含まれているか、で
判断するわけです。

 

ご自分がマスクをつける時、どれくらいそういったものを遮断することを
期待していますか?
できれば100%、ですが・・・それは無理っぽそうですよね。
せめて外からの異物を50%くらい遮断できていれば合格?
・・・難しいところです。

 

街頭インタビューの結果、一番正しくマスクを装着していた人は、外気の
異物を8割程度遮断することができていました。

 

一番ダメな人は・・・何と遮断率0%!!
0%というのは・・・マスクをしている意味がないということです。
かなり驚きの結果ですよね。

 

マスクを装着する時には、鼻・頬・アゴの部分に気をつけないといけない
そうです。

 

鼻:マスクに入っているワイヤーを鼻に沿わせて隙間を作らない
頬:紐の長さを調節して、密着させる
アゴ:しっかり覆って、隙間を作らない

 

というのがポイントです。

 

今日から、正しくマスクを装着して、マスクの効果をアップさせましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ